レポーター: 兵庫 Jazzインハート

28XWFA使用レポートをお送りします。


■テスト機材
 
スコープ コーワTSN−664
(ED82に代え,コーワでテスト)
デジカメ カシオ EX−Z750
アダプタ 自作
雲台 自作ジンバル
(パラダイスさんのを参考に自作(強度アップ品)
照準器 スカイサーファー改造
液晶フード 自作(カメラレンズ流用)
三脚 スリックカーボン
(マンフロット440を持ってけば良かったかも...)

※この組み合わせでは、若干、トップヘビーです

■使用感
  1)ワイド〜テレ端までケラレ無し
2)ワイド端、他の接眼よりフォーカスマークの出る頻度が高い
3)ピントの山がつかみ易い(マクロで撮影)
4)無限遠出ないとのことだが、私の使用状況では困ることは無かった

■撮影結果
  1)色乗りは良いと思います
2)平面性も高いと感じました

■自分の機材の改善点
 
1) 自作アダプタのため、接眼レンズとカメラレンズの隙間が若干広いように感じます。改善して再度テストをしてみます。
2) 接眼レンズのポテンシャルは高いと感じましたが、十分引き出せてないと思います。逆にこの接眼レンズを使えば、機材の改善・追い込みができるので、そう言う意味では、貴重な一本ですね。

■接眼レンズの改良を希望する点
 
1) スライド見口はグッドですが、できればインナーヘリコイドタイプで見口が回転しないともっと良かったと思います。

以上簡単で申し訳ありませんが、ご報告いたします。
なお、テスト撮影との事で、画像はリサイズのみです。
距離のある撮影は若干ぶれてますが機材のせいで接眼レンズのせいではありませんm-(-o-)-m








[閉じる]