DIGISCO.COM・アーカイブス
FMA
1.

デジスコってすごい!

2. FMAってなに?
3. 何ミリレンズが使いやすい?
4. 倒立像の克服
5. FMAの発展可能性
Topic
35mm一眼レフ用レンズで
デジスコに挑戦
 
1. FMAって何?
2. デジスコってすごい!
3. ニコンのFMA?
4. 超超望遠撮影1
5. 超超望遠撮影2
6. フィールドスコープとの比較
7. 一眼レフとの共用で撮影行

 
   
 

今さらここで述べるまでもありませんが、デジスコの魅力は遠いところにいる鳥をアップに。そして近くの鳥も、どアップに撮れるところです。
私は今まで、35mm一眼レフで野鳥の写真撮影をしてきました。ある日、野鳥の撮影ではなく、観察を主にやってきた友人が、びっくりするようなアップの鮮明なツミの写真を持ってきて見せてくれたのが、私とデジスコとの出会いでした。フィールドスコープはすでに持っていたので、デジカメとアダプターだけ買えば・・・・の一言で、ずぶずぶとデジスコ沼に・・・(爆)。
でも、もちろん一眼レフでとる写真はそれなりの良さがあります。・・・・となると、三脚2本を担ぐ?・・・いくらフィールドスコープが軽くても、それはかなりきついですよね?!


●一眼レフのレンズを使いたい

私は35mm一眼レフを使ってかなり長いこと野鳥写真をやってきましたので、「より大きく撮りたい」の一心で、びっくりするような値段の長玉(超望遠レンズ)をコツコツと貯金して買ってきたうちの一人です。重たいレンズを担いで歩くのは結構きついですが、やはり、そのようなレンズでしか撮れない写真もあります。そして、デジスコでなければ撮れない写真もあります。かといって、三脚2本を担いで野山をかける体力もありません。そこで、対物レンズを一眼レフと共用できないか?つまり、一眼レフ用レンズでデジスコできないか?と考え始めたのです。
最初に目をつけたのは、アクセサリー豊富なニコン製品の中の、レンズスコープコンバーターというものです(私のガラクタ箱に、これがありました)。すでに、販売中止になってしまっていますが、35mm用のニッコールレンズの後ろにとりつけて、レンズをフィールドスコープ代わりに使えるという便利な代物です。たしか、300mmのレンズが30倍のフィールドスコープになるはずです。これを使い、接眼部にデジカメを接続すれば、デジスコができるのでは?と、考えたわけです。ところが、この製品は接眼部の口径が小さく、1.2mmほどしかありません。肉眼で覗くにもたいへん覗きにくく、デジスコとして使うには、ケラレが発生しやすく、画質もあまり良くないようです。ここで、あきらめかけたところ、たーぼ♪さんのデジスコなんでも相談室で話題にのぼったのが、救世主FMA(Fマウントアダプター)です。

 


 
 

[閉じる]