≪撮影技術情報≫
 <第91回>「鳥、鳥、鳥」
 ============ by katsu

──────────-──
  第91回   モズ
────────────

前回に引き続き相変わらず、鳥見にでる元気がありません(笑)
だいぶ涼しくなってきて、野鳥たちも渡りの季節。例年なら、
近くのフィールドに出て、渡り鳥達を楽しんでいるところですが、
今年はまだ1度も鳥見目的ではフィールドに出ていません。
でも、野鳥の動きで季節を感じることは出来ていない…、という
ことはありません。

出勤時間帯に見るカラスの群れが徐々に大きくなる、帰宅時の深夜、
ふと上空を見上げると、街明かりや月明かりを反射した鳥の群れが
通過していく、ツバメがいつの間にかいなくなる、といったことで
季節の流れは一応、感じられています(^^;
休日ごとに、散歩中にモズの高鳴きが聞こえる回数が増えてきて、
姿もよく目に付くようになってきました。この時期は割と住宅街や
街中にもいます。聞いたことのないような鳴き声が聞こえて、姿を
探してみると、大体モズです。

モズの声というと、あのけたたましい高鳴きがまず思い浮かびますが、
漢字で「百舌鳥」と書かれる通り、さまざまな声を出します。
なにか特定の鳥を真似しているという感じはあまりなく、聞いたことのない
囀りがきこえるな、と思って探してみると、声の主はモズだった、
ということが多いですね。デジスコを持ち歩いていれば、写真や動画
を撮っているところですが、散歩コースは住宅街の割合が多いので
撮影機材は持ち歩いていません。スマホのカメラで挑戦してみましたが
当然、豆粒で、しかもピント(カメラというよりは私の目の)が合わず
断念。肉眼と耳だけで楽しんでいます(^^;