01330649

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
デジスコなんでも相談室

1カメラとアイピースの 接続について  / 2コーワ Prominar500mmの改造について  / 3湿気の悪影響  / 4J1のAFを固定して撮影するには (2) / 5CPLフィルター (5) / 6フィールドスコープアタッチメントについて (1) / 7ニコンED50-A (1) / 8次回の撮影講習会 (1) / 9OM-Dにスコープ (1) / 10焦点距離とF (2) / 11最適のカメラは? (1) / 12今持っている機材を利用して  / 13デジスコを始めたいので質問。 (1) / 14デジスコを始めようと思っているのですが。 (1) / 15光軸ずれ (2) / 16カメラブラケット BR-IXY210 について (1) / 17このデジカメできますか (2) / 18デジスコ始めたいのですが (2) / 19本当にミラーレス一眼はダメでしょうか (4) / 20機材のご相談です (2) /

管理者の判断で、いわゆる『ステハン』 での書き込みと思われるコメントは即座に削除します

掲示板利用の際には必ず【掲示板利用規約】 をお読み下さい







[ 指定コメント (No.8784) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ どうすればピントが合った写真が撮れるのでしょうか?アドバイス... 投稿者:  引用する 
私はデジスコ歴は”巣立ったばかりの雛のような初心者”です。
デジカメもデジスコを購入してはじめて操作しました。

ここ数日、「初心者用」掲示板でアドバイスをいただいておりますが、今回は質問等が長くなり、掲示板の趣旨や掲示板利用者の迷惑がかかるのではと、当「相談室」に投稿した次第です。
アドバイスいただきたくよろしくお願いいたします。

「カワセミ」
「カワセミ」が止まっているところは、夕方でV字型の川の水面近くで、私が立っているところは日が当たっていますが、「カワセミ」がいるところは、薄明かりですが、日が当たっていません。右斜め上から夕日です。
水面まで6〜7m位。
「カワセミ」まで7〜8m位。

固定状態で、かなり(T)側で撮影しました。
(T)側で撮りますと、どうもピントが甘くなり、最も(T)側ですと、固定状態で撮影しても、ほとんどピンボケ状態です。
小さく撮ってトリミングで拡大してもピンボケ状態、というのはもともとからピントが合っていないのでしょうか?
「初心者」用の当掲示板での投稿で、近距離からの大写しの写真がきちんとピントが合っておられます。
眼の視力が弱いのが原因でしょうか?
また、液晶画面で見ますと、どうもピントがもうひとつわかりません。合っただろうと推測し、半押ししてシャッターを押しています。
今後は、試しとして撮影のときはメガネを遠近両用から読書用の「近く用」に変えようかとも思っています。
従いまして、自宅から徒歩数分で、ほとんど毎日観察できる好条件ながら、ほとんどピントが合った写真が撮れていません。
どうすればピントが合った(特に大写しで)写真が撮れるのでしょうか?

また、上手な方のような”艶”のある写真が撮れません。
なにか工夫があるものでしょうか?

アドバイスいただきたくよろしくお願いいたします。

TSN-664+TE-14WD+ソニーDSC-W300 

[画像サイズ] 640 x 480
[焦点距離] 22.8 mm
[シャッタースピード] 1/4 秒
[ISO感度] 100
[絞り] F5.5
[レンズ開放F値] F2.9
[EV] ±0


以上


2009/11/05(Thu) 20:28:02 [ No.8782 ]
◇ Re: どうすればピントが合った写真が撮れるのでしょうか?アドバ... 投稿者:探検隊隊長  引用する 
シャッタースピード1/4秒でもうまくとれば十分綺麗に撮れますが、なれないうちはやはりかなり難しいと思います。
メインの被写体までの距離7〜8メートルというのは条件としては申し分ない距離だと思いますが、その条件でテレ端で1/4秒のシャッタースピードしか確保できないということであれば、やはりズームをワイド側にシフトすべきだと思います。

問題の原因がピンボケなのかブレなのかの見極めがまず大切になりますね。
添付のお写真ではやはりブレのほうが画像に満足できない大きな要因になっているように思います。
ブレとピンボケの違いの見分け方は古くから言い尽くされているところですが、画面のなかのどの部分を探してもピントがしっかり合っている部分がないのはブレ、狙ったところ以外でもどこかにピントがしっかり合っている部分があればピンボケということになります。

ブレ対策は脚周りをしっかり固める(三脚・雲台)、シャッターリリースを慎重に行うということがあげられますが、この点は抽象的には認識しておられると思います。
シャッターリリースについていえば、初心者のうちはケーブルの長さは長めのものをお使いになったほうがよいです。短いレリーズケーブルはレリーズ操作の際にケーブルにテンションをかけてしまい、カメラを微妙に動かしてしまうことがあります。
脚周りについていえば、三脚と雲台は予算の問題ですが、三脚設置場所にも十分注意してください。
コンクリートブロックのような場所では問題はないのですが、土の上、特に表面に草が少しでも生えているような場所ではしっかりしているように見えてもふわふわしています。機材ごと上から押さえつけてみて少しでも浮き沈みするようならブレの原因になります。

写真の“艶”はなかなか難しいですが、最も本質的な部分は光の使い方だと思ってください。
添付のお写真を撮られた環境はカワセミのいる場所に直接光があたらないとのことですが、直接光があたるかどうかではななく周囲とメインの被写体との光の強弱をうまく使うことが大切です(これはAFの合焦効率にも大きく影響します)。
もっと突っ込んでいうならメインの被写体にあたる光(間接光であっても)が背景の光よりも明るいこと、この明暗差が艶出しの鍵になります。
カワセミのとまっている枝(枯れた葦でしょうか)はとまっている枝とその背後の枝も含め、随分と白っぽいのですが、立ち位置を少し左にずらすと背景をもう少し暗いところに持ってくることができるのではないでしょうか。
メインの被写体に“しっかりと光があたる”ということは、絶対的に強い光があたることではなく、背景との相対比で強い光があたっていればよいのです。これが写真に艶を出す大きな要因になります。

2009/11/06(Fri) 09:02:38 [ No.8783 ]
◇ Re: どうすればピントが合った写真が撮れるのでしょうか?アドバ... 投稿者:  引用する 
探検隊隊長 さん
このたびは詳細かつ丁寧なアドバイスをいただきありがとうございます。
”目から鱗”と言いますか、
「レリーズケーブル」は結構長いですが、シャッターを慎重に押していた”つもり”でしたが、雑だったんですね。
来た、早く撮らないと飛ぶ、という焦りが”雑”になっていたのかもわかりません。”微妙”であることがよくわかりました。足場についても気をつけます。

また、”艶”につきましてもご指導いただきましたロケーションを心掛けたいと思います。

今、出現する場所(止まる枝、止まる岩も)はほとんど決まっていまして、マンションが前にあり、前方約45度下の角度とはいえ、スコープを向ける場所が限定、また、対岸は道路で人の往来が多く、動ける場所が限られますが、その中でも
ご指摘いただきました場所を探したいと思います。
幸いすぐ近くに現れますので早速チャレンジします。
今後ともご指導いただきますようお願いいたします。
*先ほど、同じ場所に「ジョービタキ」が出現していましたので、同様に工夫したいと思います。

ついでで申し訳ありませんが、添付「モズ」もやはり「ブレ」でしょうか?
頭上:約30度の角度。距離:約10m。夕方、私の後方から夕日。
[焦点距離] 17.2 mm
[シャッタースピード] 1/100 秒
[ISO感度] 100
[絞り] F4.5
[レンズ開放F値] F2.9
[EV] ±0
ご指導いただきたくよろしくお願いいたします。


2009/11/06(Fri) 11:25:12 [ No.8784 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -